香坂行政書士事務所

 二宮町・小田原市離婚協議書作成センター

二宮町、大磯町、秦野市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、南足柄市、小田原市、湯河原町、真鶴町、箱根町で離婚協議書の作成で困っている方をサポートします。お気軽にお問合せください。

トップページ 事務所所在地 サービスと料金 公証役場の手数料 お手続きの流れ お問合せ
 

  離婚協議書の作成をサポートします

離婚を決意するときや、実際離婚をするとき、した後、想像以上の心労をなさると思います。そういった時、「あれを決めておけば・・・」や「これを決めておけばよかった」、「養育費が支払われない」と後悔しないよう当事務所で離婚協議書の作成をサポートいたします。また、離婚協議書は極力「公正証書」での作成をお勧めいたします。


公正証書で離婚協議書を作成するメリットとして・・・・

1. 決まった養育費等について支払われなかった場合等、強制執行ができる。

2. 相手への心理的プレッシャーが高い。(相手は知らんぷりができない)

3. 法律の専門家である公証人が作成するので、内容について法的な問題もクリアできる。

4. 紛失しても再発行が可能

といった事があげられます。相手方から確実に養育費等の支払いを受けるためには、公正証書で作成しておいたほうが良いことはたくさんあります。

 

  離婚の種類

離婚の手続きとして、次の4種類があります。
(1)協議離婚

 当事者(夫婦)同士での話し合いにおいて離婚をする方法です。日本で離婚する夫婦は9割がこの協議離婚だと言われています。

(2)調停離婚

 離婚の条件で揉めたり、話合いでは拉致があかないといった場合に、家庭裁判所で離婚の調停をします。調停委員立会いのもと、話合いがまとまれば離婚することができます。

(3)審判離婚

 調停でも話がまとまらない場合、家庭裁判所の審判によって離婚を認めてもらいます。しかし、審判内容に不服がある場合は(4)の裁判離婚となります。

(4)裁判離婚

 調停でも話がまとまらない、審判内容も納得がいかないといったときは、最終的に離婚訴訟という形になります。

結果手続きの手順として、一般的に以下のステップを踏んでいきます。
1. 離婚の協議をする ⇒ 協議が成立すれば離婚 
2.協議が成立しなかったら調停での話し合い ⇒ 調停で成立すれば離婚
3.調停でも話がまとまらない場合、家庭裁判所の審判 ⇒ 審判内容に納得できれば離婚
4.審判内容にも納得できなかった場合、離婚訴訟 
行政書士は、紛争案件に携わることはできません。協議により話がまとまらないケースはご相談をお受けすることができません。
 

  離婚協議で決めておくこと

夫婦の話合いにて以下のことを話し合います。
(1)親権について

  未成年の子どもがいる親は、親権者をどちらかに決めなくてはなりません。親権を持つ者は、子どもの世話をしたりしつけや教育をする身上監護と、子どもに代わり、契約等の法律行為を行う財産管理等ができます。親権は子どもの利益を最優先に考えるものとされています。

(2)監護について

  上記の親権における監護について、別に定めることができます。子どもの身辺の世話や教育等を行います。これが設定されると、親権者は子どもの監護以外の部分について義務や権利を負うことになります。監護者は、親以外の者がなることも可能です。

(3)養育費について

  未成年の子どもがいる場合、この養育費について取り決めを行います。月々いくらにするのか、支払い方法及び支払い期間等をできる限り細かく決めます。

(4)財産分与について

  財産分与をどのように行うか決めます。財産分与とは、婚姻期間中に夫婦で共に築いてきた財産(預貯金・保険・自動車・住宅・家財道具等)を清算するという意味で、離婚により当然に認められている権利です(婚姻期間外に築いた財産・相続により受け取った財産等は財産分与の対象とはなりません)。これは離婚の原因を作った配偶者からも請求できる権利であり、後々揉めないようしっかりと話し合う必要があります。そのためには、婚姻後の財産の状況をしっかり把握する必要があります。通常ですとお互い2分の1ずつという形に収まることが多いようですが、話合いで合意すれば割合は自由です。

(5)慰謝料について

  例えば、夫の浮気等により精神的損害を被ったといったときは慰謝料を請求することもできます。

(6)子との面会交流について

  月1回や、半年に1回等、一緒に生活をしない親との面会について取り決めを行います。

(7)年金分割について

  場合によって、加入している年金の種類や婚姻期間によって年金分割を行うことができるので、その旨を取り決めします。

(8)住宅ローンがある場合

  住宅ローン付の持ち家がある場合は、そこに誰が住むのか、また住宅ローンは誰が払っていくか、名義はどうするのか、といったことを決めておく必要があります。

 

  当事務所でお手伝いできること

離婚協議についてのご相談及び離婚協議書の文案作成、ご自身で作成された協議書のチェック、公正証書による離婚協議書の作成サポートを行います。法律論ではなく、依頼者様のお気持ちも考慮した丁寧な対応を心掛けております。お気軽にご相談ください。

Copyright © 2015 二宮町・小田原市離婚協議書作成センター All rights reserved.
by 香坂行政書士事務所